61%は別の業種からの転職で採用されている 飛鳥交通の求人情報完全解説・求人攻略

61%は別の業種からの転職で採用されている

飛鳥交通グループでは前職は関係ない?

61%は別の業種からの転職で採用されている

飛鳥交通グループでタクシードライバーとして働く上で、現在の職業がどのように役立つかを考える方は少なくないでしょう。運送業で働いている方の場合は走る事に慣れているため、タクシードライバーとしてデビューしやすいというのは確かでしょう。しかし必ずしも前職がタクシードライバーの成功のカギとは限りません。

 

前職がタクシードライバーとは全く関係がない職業であってもドライバーとして成功する事は可能です。実際飛鳥交通グループでは、前職がタクシー業とは関係がなかったという事は珍しくありません。データでは、飛鳥交通でタクシー乗務員のする前は、タクシーの運転手をしたことがない方が84%もいらっしゃいます。また以前タクシー運転手やハイヤーの運転手、バスの運転手だったという方が39%いらっしゃいますが、実に69%の方は全く関係がない職業に就いていらっしゃいました。たとえば営業関係が20%、IT関係が6%、運送業が5%、建設関係が10%、派遣が5%、自営業が7%、その他が10%もいます。

 

前職がドライバーとは関係がなかったという方の例

飛鳥交通グループで現在乗務員をしていると言う方の中で、前職が全く関係のない職種だったという方の例を見てみましょう。まずは、以前板前だったという方の例です。この方は現在町田市のカンツリー営業所に12年間在籍していらっしゃいますが、もともとは飲食業に属していました。以前の会社は転勤が多かったということで、自分の時間を調整しやすいタクシードライバーとして転職する事にしました。

 

蓮田営業所で8年間在籍されている別の方は、以前はプランターエンジニアをフリーでやっていました。運転は仕事がらみで普段からしていたものの、仕事が多くなくなってきたことや前から興味があったという事で転職しました。

 

前職に関係なくタクシードライバーになれる

データや実際の例を見てきた通り、仮に前職がドライバー業とは全く関係ないものであったとしても、タクシードライバーとして成功することは可能です。紹介した例では、それぞれ12年や8年など長期にわたって乗務員として活躍しておられます。未経験者であったとしてもタクシードライバーが板につくということは珍しいことではありません。

TOPページ