84%は東京以外出身のタクシー運転手 飛鳥交通の求人情報完全解説・求人攻略

84%は東京以外出身のタクシー運転手

タクシードライバーに土地勘は大事?

84%は東京以外出身のタクシー運転手

タクシードライバーは様々な道をよく知っていて、交通状態も把握しています。裏道を知っていて上手に渋滞を回避したり、最短距離で利用客を目的地に連れて行くことができます。とはいえ最初から土地勘がある方だけがタクシードライバーになれるわけではありません。

 

全く知らなかった土地で少しずつその土地の交通状況を学んできたということも少なくありません。飛鳥交通グループにおいてもそのことは同じです。飛鳥交通グループは東京都と神奈川県と埼玉県と千葉県でタクシー業を展開しています。しかし乗務員の中には地方から来たという方も少なくありません。データを見ると実に80%以上の方が東京以外の出身です。北海道が11%、東北が18%、北陸・甲信越が2%、首都圏以外の関東が4%、東京以外の首都圏が33%、西日本が3%、そして九州・沖縄が13%となっています。これらの地方の出身の方でも東京やその他の3県で活躍することが可能です。

 

研修制度や寮も利用できる

東京や神奈川の一部の地域でタクシードライバーとしてデビューする場合、地理試験に合格する必要があります。飛鳥交通グループでは専任講師のサポートのもとに地理試験対策を受けることができます。全く東京のことを知らないという場合で、このような試験対策や先輩からの指導などを経て勉強することができます。飛鳥交通では様々な研修が定期的に行われているため、営業に関するノウハウも身につけることができます。

 

飛鳥交通グループでは単身者向け寮も完備しています。生活に必要な様々な道具が備わっているため、多くの荷物を運び入れるなくても生活が可能です。寮から営業所までの送迎バスが運行しているところもあり、大変便利です。

 

飛鳥交通グループの車両には最新装備がついている

飛鳥交通グループの車両にはナビゲーションシステムもついています。土地勘がある方でも全ての道をくまなく知っているとは限りません。地方の出身の場合は特に分からない道がある事もしばしばでしょう。しかしナビゲーションシステムを使うことで業務がサポートされます。GPS-AVMシステムによって、文字や音声両方で情報が通知されます。電話番号から行き先検索をすることも出来ますし、スマートガイド機能もあります。

 

このような設備を使うことで迷うことなく目的地にたどり着けます。また場合によっては利用客に道を教えてもらうということも可能です。意外と利用客が快く道案内をしてくれることも珍しくありません。

TOPページ