タクシー運転手の46%が50代 飛鳥交通の求人情報完全解説・求人攻略

飛鳥交通タクシー運転手の46%が50代

タクシー運転手の年齢について

飛鳥交通タクシー運転手の46%が50代

タクシードライバーとして働いていらっしゃる方の平均年齢は高い方です。実は法人タクシー運転手の高齢化が進んでいます。2005年から2015年までのデータを調べた場合、2005年では平均年齢が55歳ほどでしたが、現在では59歳ほどになっています。

 

全産業の平均年齢は43.1歳であることを考えると、実に15.9歳も平均年齢が高い事になります。また65歳以上の乗務員の割合が27.4%にものぼります。これは10年前と比べて5倍の割合です。このようにタクシー運転手の平均年齢は高く、その傾向は今後も続いていく可能性があります。

 

飛鳥交通グループでは20代から60代までの幅広い世代のタクシー乗務員が活躍しています。そして全社員のうち50代の占める割合が最も多いというデータがあります。全体で20代の乗務員の割合は1%で、30代は12%、40代は22%、50代は46%、そして60代は19%です。40代50代の方からの応募が多いようです。このデータは先述の平均年齢の高さにも準じていると言えるでしょう。

 

中年の方の転職も可能

このように飛鳥交通グループでは40代〜50代以降の中年の方のタクシードライバー転職も珍しいことではありません。他の業種において40代〜50代の方の転職は厳しい面があります。しかしタクシー業界では比較的年齢が高い方の転職も容易に行うことができます。飛鳥交通グループの別のデータでは、タクシー乗務員の経験がなかったという方は84%にものぼります。

 

またバスやハイヤーやタクシーの運転手ではなかったという方は全体の61%にもなります。これらのデータも合わせてみた場合、仮に年齢が中年であったとしても、また前職がドライバーとは無縁の職種であったとしても、飛鳥交通グループでタクシードライバーとしてデビューすることは十分可能であると言えます。

 

飛鳥交通グループの教育制度を使う

年齢がある程度いった方は、新しい事を色々と覚えるのが難しいと感じることもあるでしょう。飛鳥交通グループでは新人研修やその他の研修を定期的に行っています。地理や法令など覚えることが様々にあることも確かですが、研修を活用することで少しずつ知識を増やしていけるでしょう。ナビゲーションシステムを活用する事も役立ちますし、同僚や先輩からのアドバイスを受けることでも業務がさらに効率的になります。

TOPページ