首都圏4エリアで人が多いから稼ぎやすい 飛鳥交通の求人情報完全解説

首都圏4エリアで人が多いから稼ぎやすい

飛鳥交通は1都3県で幅広く営業中

首都圏4エリアで人が多いから稼ぎやすい

飛鳥交通グループはタクシー業やハイヤー業などを展開している準大手の公共交通サービス会社です。東京都と神奈川県と埼玉県と千葉県の1都3県、10の交通圏をサポートしています。1都3県に跨る広域をカバーできるタクシーサービスは飛鳥交通グループだけです。飛鳥交通グループは国土交通大臣表彰を受賞した実績があり、32社43営業所の約2,200車両で幅広くサービス展開しています。

 

サービスを提供しているこれらの都道府県は、タクシードライバーの平均年収が高い地域です。東京も千葉も神奈川も埼玉も常に年収で上位にランクインしています。例えば2015年度では、神奈川県は平均年収が約410万円で一位でした。2位は東京で約390万円です。千葉県は4位で約345万円でした。埼玉県は5位で約340万円です。2016年度の場合、東京が1位で約440万円でした。2位は千葉で約390万円、4位は神奈川で360万円、5位は埼玉で約360万円です。このように首都圏の4エリアでは効率的に稼ぐことができます。

 

なぜ効率的に稼ぐことができるか

首都圏の4エリアで平均年収が高い理由の一つは、やはり人が多いからでしょう。首都圏の4エリアは電車などの他の公共交通手段が発達しているとはいえ、例えば東京など駐車場代が高いエリアでは自家用車を持っていないケースも考えられます。また大型のショッピングモールがいくつもある首都圏では、たくさんの買い物をした後に、やはり電車よりもタクシーを使って目的地に行く方が快適です。さらに首都圏には空港やディズニーランドなどの商業施設、また工業地帯などもあり、タクシーの需要は多くなるです。

 

地方の出身者でも首都圏4エリアで働ける

首都圏4エリアでタクシー運転手をするとなると、土地勘があることが大きなアドバンテージになることは確かです。とはいえ現在ではカーナビゲーションシステムを導入しているタクシー事業者は珍しくなく、土地勘がなくても業務をこなすことはできます。実際飛鳥交通タクシーの乗務員の出身地は80%以上が東京以外の出身です。東京以外の首都圏の出身は33%です。つまり他の61%は日本全国の地方出身者ということです。

 

地方出身者の場合は居住地などが心配されるとはいえ、入寮制度も充実しているため問題ありません。現在地方でタクシー運転手をしているという方も、首都圏に強い飛鳥交通で効率よく稼ぐ事ができます。

TOPページ