最新のハイブリッド車で安全に仕事ができる 飛鳥交通の求人情報完全解説

最新のハイブリッド車で安全に仕事ができる

飛鳥交通の車両

最新のハイブリッド車で安全に仕事ができる

飛鳥交通グループは通常のタクシー業務に加えて、出産送迎タクシーや定額送迎サービス、観光タクシーなど様々なサービスを展開して公共交通を支えています。しかし営業しているだけではなく車両そのものにも力を入れています。例えば次世代タクシー車両と言われる「JPNTAXI」を順次導入しています。JPNTAXIはトヨタが開発しているタクシーで、快適な空間が魅力の車両です。衝突回避支援機能を備えているため安心安全な乗務がサポートされます。

 

さらにこの車両にはLPGーハイブリッドシステムが備わっています。LPGーハイブリッドシステムとはLPG燃料に対応した電動車です。小型で軽量のハイブリッドシステムをベースにしてタクシー向けに開発されたシステムであり、このシステムによってランニングコストを大幅に低減可能です。燃費性能は約19.4km/Lにまで高められています。つまりエコロジーでありエコノミーであるということです。経営者にも環境にも利用客にも優しい車両と言えるでしょう。

 

環境にやさしい営業をしている

飛鳥交通グループはタクシー業界の中で、初めてグリーン経営認証を取得した会社です。東京都と神奈川県、埼玉県、千葉県各エリアにいて初の認証を得ています。グループのうち22社の30の営業所で認証登録がされています。グリーン経営認証とは、交通エコロジー・モビリティ財団によって認められるもので、環境保全に取り組んでいる会社に対して認証されるものです。

 

この認証を受けた会社は、エコロジーな会社として評価されていることになります。利益だけを追求する会社も残念ながらありますが、飛鳥交通グループは大気汚染なども考えて営業をしているため、利用客だけでなく社会全体にとって優しい取り組みをしていると言えます。ハイブリッド車の導入はその証拠の一つです。

 

乗務員の安全性を考えた装備もある

タクシー乗務を行う場合に最も重要な点は、利用客を安全に目的地まで連れて行くということです。しかし飛鳥交通グループでは乗務員の安全も考慮した装備を配備しています。例えばドライブレコーダー・防犯カメラを全車装着しています。タクシー強盗などのニュースは珍しくありませんが、この装備によって前方車外の映像だけでなく社内の映像・音声を常時記録することが可能です。このように飛鳥交通グループでは、環境にも乗務員にも利用客にも優しい労働環境が整っています。

TOPページ