飛鳥交通株式会社【神奈川県】営業エリアの解説 人気のタクシー求人情報

飛鳥交通株式会社の営業エリア【神奈川県】の詳細解説

年収が高い神奈川県エリア

営業エリア【神奈川県】の詳細解説・まとめ

タクシードライバーの年収が高い地域と聞いてすぐに思い浮かぶのは東京都ですが、実は神奈川県も年収が高いエリアとして知られています。2016年度の都道府県別平均年収のデータでは、タクシードライバーの東京での年収が約440万で、千葉県が390万円で2位、大阪が3位で約370万円、神奈川は360万円で4位という結果でした。

 

2015年では東京が390万円で2位、神奈川が410万円で1位でした。これを見ると神奈川県エリアが非常に稼げるエリアであることがわかります。神奈川県は横浜市など国際都市を要する地域であり、川崎市など工業地帯が広がっているエリアでもあります。そのためビジネスユーズや外国人利用客を狙いやすいと言えます。なお神奈川県の横浜市と川崎市、横須賀市と三浦市でタクシードライバーになるためには、神奈川タクシーセンターが実施している地理試験に合格する必要があります。

 

飛鳥交通グループの神奈川エリアの営業所

飛鳥交通グループは神奈川エリアに5カ所営業所を構えています。井土ヶ谷営業所と、新横浜営業所、横浜中央営業所、川崎営業所、北加瀬営業所です。神奈川県の主要竹に営業所が配置されていて、その地域の特徴に合わせた営業展開が行われています。車内の防犯カメラやナビ連動型無線配車システムなど必要かつ便利な装備を配備しています。

 

神奈川県は5つの営業区域に分かれています。京浜交通圏と県央交通圏、湘南交通圏、小田原交通圏、そして津久井交通圏です。神奈川エリアにある5つの営業所のうち、3つは横浜市にあり、1つは川崎市にあります。横浜市も川崎市も京浜交通圏に属しています。そのため5つの営業所全てはこの営業区域に分けられています。

 

横浜市と川崎市の基本情報

横浜市は360万人都市です。東海道新幹線の停車地である新横浜駅を中心に、高級住宅街や一大商業地が拡がっています。横浜市は観光都市でもあり、年間4,250万人の観光客が訪れます。外国人も多くいる都市であり、常に人の行き来が絶えません。また川崎市ですが川崎は商業・工業都市として知られています。観光客や法人顧客を中心に利用客を獲得していけるでしょう。無線配車による営業展開が神奈川エリアでの乗務スタイルとなるでしょう。2020年の東京オリンピックに向けて、ますます周辺都市として活気があふれる地域になると予想されます。

TOPページ