飛鳥交通株式会社【東京都】営業エリアの解説 人気のタクシー求人情報

飛鳥交通株式会社の営業エリア【東京都】の詳細解説

グループの要所:23区

営業エリア【東京都】の詳細解説・まとめ

飛鳥交通グループは東京23区内の営業所において、タクシー会社大手の日本交通グループに加盟しています。そのため東京における飛鳥グループは地盤はかなり強固なものになっています。都内において専用乗り場が40箇所もある他、36万回を超える無線配車回数の実績があります。さらに12500のチケット契約もあるため、利用客を捕まえやすい環境が整っています。

 

都内の営業所

都内においては全部で13の営業所があります。品川営業所と板橋営業所、成城営業所と羽田営業、小松川営業所と高井戸営業所と、大森営業所と赤羽営業所、八王子営業所と国立営業所、相原営業所とカンツリー営業所、そしてニュータウン営業所です。全体的な位置合いとしては東京23区の北部と南部、西部、東部に数営業所展開されています。23区の中心部には営業所はありません。

 

東京都内におけるタクシーの営業区域は四つの交通圏に分かれています。特別区・武三交通圏と北多摩交通圏、南多摩交通圏、西多摩交通圏です。東京23区と武蔵野市と三鷹市は特別区・武三交通圏に属します。国立市は北多摩交通圏です。八王子市と多摩市と町田市は南多摩交通圏です。そのため、国立営業所は北多摩交通圏、八王子営業所と相原営業所とカンツリー営業所とニュータウン営業所は南多摩交通圏の営業区域となります。その他の営業所は特別区・武三交通圏がテリトリーです。営業区域を越えての営業はできないため、テリトリーの中で利用客を上手に捕まえるノウハウを知ることが大事です(利用客が降りる場所か乗る場所が自分の交通圏内である場合は他の営業区域に侵入することは可能)。

 

地理試験に合格する必要がある

東京特定指定地域タクシー運転者として働く場合は、東京タクシーセンターが実施している「輸送の安全及び利用者の利便の確保に関する試験」に合格する必要があります。この試験はタクシー事業に関する法令や安全、及び接遇と老害指定地域に関する地理の分野が問われる試験です。飛鳥交通グループではこの地理試験に関して新人乗務員にしっかりと教育指導が行われます。専任講師によるアドバイスがあるため、合格率90%で合格することが可能です。地理試験を始め、東京都内でタクシー乗務員になるために必要な研修がしっかり開催されるため、未経験者や地方出身者の方でも、東京で稼ぐことは可能です。

TOPページ