飛鳥交通は電子決済だから手間なく会計できる

電子決済だから手間なく会計できる

電子決済とは

電子決済だから手間なく会計できる

昔は支払いをする時は現金を使うことが一般的でしたが、最近では様々な分野で電子決済が好んで使われるようになっています。電子決済とは現金を使って支払いをする方法ではなく、電子データでやり取りをする支払いのことです。現金をその場で使わないという意味では、オンラインバンキングにおける銀行振込や、ネットショッピングにおけるクレジットカード決済、電子マネーを使った決済などが電子決済にあたります。

 

電子決済によるお金のやり取りは市場規模が拡大していて、今後ますます普及すると言われています。電子決済が好まれる理由には様々なものがあります。例えばクレジットカードを使って商品を購入したりサービスへの支払いをすることで、特定のポイントを貯めることが可能です。

 

またキャッシュレスで決済できることで現金を持ち歩かなくて良いという利点もあります。現金は紛失の危険がありますが電子決済は、仮にカードなどを紛失してしまってもお金の価値がその場でなくなるわけではありません。最近はタクシー業界でも電子決済での運賃の支払いが広く利用されるようになっています。

 

飛鳥交通グループも電子決済に対応している

飛鳥交通グループも様々な電子決済に対応しています。例えばクレジットカードを使うことができます。クレジットカードは様々なサービス会社から提供されていますが、マイルを貯めるためのポイントを獲得したり、商品などと交換できるポイントを獲得する手段のため人気が高いです。CABカードというものも使えます。CABカードはタクシーチケットをカードにしたものです。サインが不要で清算もスムーズになるため、法人の方によく利用されます。他にも交通系のICカードや、電子マネーの利用可能です。iDやQuicPayなどを利用して支払い可能です。

 

電子決済に対応していることのメリット

電子決済を使うことでメリットを感じるのは利用客だけではありません。乗務員にも電子決済に対応していることに利点があります。全てのケースで当てはまるわけでありませんが、利用客の中には電子決済での支払いを好む方も少なくないでしょう。クレジットカードを利用できる会社をわざわざ選んでタクシーに乗る方もいらっしゃるでしょう。つまり多くの利用客を獲得するためには、現金だけではなく様々な支払い方法に対応している方が有利です。その点飛鳥交通では電子決済に広く対応しているため、乗務員には良い環境だと言えるでしょう。

 

実際ニュータウン営業所で働く乗務員の方は、

会社として、電子マネー、スマホ配車、タクシー呼び出し専用電話等、売上向上をサポートしてくれ助かります。本当に環境も良く魅力的な営業所です。

とコメントしています。

 

他の方も

飛鳥交通は首都圏が主力のグループ企業のため、駅待ちや無線だけでなく、法人からの依頼もあり、楽天チケットやEdyの決済など新しいことをいち早くやる会社。古い体質の会社じゃないよ。

とコメントしています。

TOPページ