飛鳥交通は便利なタクシーチケットが使えて稼ぎやすい

飛鳥交通Taxi Ticketでもっと乗りやすい

官公庁や法人企業はタクシーチケットが使用できる

飛鳥交通Taxi Ticketでもっと乗りやすい

大手のタクシー会社と同様、飛鳥交通グループタクシーチケットを使用しています。個人での契約はできませんが、官公庁と法人企業の場合はこのチケットを使うことでキャッシュレスのタクシー利用が可能となります。タクシーチケットの利用には特に手数料はかかりません。

 

飛鳥交通グループのタクシーチケットは、飛鳥交通グループだけではなく、日本交通グループや日個連東京都営業協同組合、多摩39ナビ無線などの提携会社でも利用することが可能です。飛鳥交通グループにも日本交通グループにも多くの営業所が参加しているため、首都圏を走るタクシーで広く使えます。

 

タクシーチケットの使い方は非常に簡単です。精算時に必要事項を記入して乗務員に渡せばそれで大丈夫です。タクシーチケットに乗車日とルート、使用者名、料金を記入して乗務員へ渡します。半券が残る形で切り取って本券を渡します。半券で後ほど簡単に過去の履歴が確認できるため、会社での経理処理もスムーズに行えます。

 

チケットの発送の手順

新規でチケットを発送する場合はインターネットから申し込みを行います。平日の9時から17時の間に連絡をします(03-6861-3100)。飛鳥交通グループはインターネットから申し込み内容確認して、メールか電話で折り返し連絡をします。その後各エリアの営業担当者が説明をするために会社に伺います。

 

タクシーチケット申込書に必要事項を記入して捺印をした上で、履歴事項全部証明書か会社案内を郵送します(送付先 〒160-0022 東京都新宿区新宿六丁目27番48号 飛鳥交通株式会社 業務部 チケット係)。審査を経て問題がない場合はチケットが発送されます。到着するまでに3週間ほど時間がかかります。なおチケットは名刺サイズで、20枚綴りで1セットとなっています。なお後日一括請求することも可能で、締め日は毎月10日、20日、末日の3パターンから選択可能です。

 

対応可能エリア

タクシーチケットが利用可能なエリアは東京都と神奈川県と埼玉県と千葉県、群馬県、大阪府、京都府、そして兵庫県です。東京都は23区はもちろんそれ以外の地域でご利用可能です。埼玉県や群馬県、千葉県などは全ての地域で対応しているわけではありません。そのため事前に対応地域を確認するようにしてください。

TOPページ