隔日勤務は1日20時間365キロまで 飛鳥交通の求人情報完全解説・求人攻略

隔日勤務は1日20時間365キロまで

飛鳥交通での隔日勤務の特色

隔日勤務は1日20時間365キロまで

タクシー運転手は隔日勤務となることが一般的です。1日長時間働いて次の日は丸1日休日となるというパターンです。飛鳥交通グループでタクシー運転手をする場合の隔日勤務が基本です。昨日勤務の場合は1日最大20時間、365キロまで営業が可能とされています。営業エリアは東京23区と武蔵野市と三鷹市です。

 

飛鳥交通グループでは平均営業開始する30回以上が目標となっています。もちろんそれを超えて40回でも50回でも営業することは可能です。概算した場合平均の客単価が1500円だとして、売上は30回で45000円となります。売上に対する歩合が50%の場合22500円の収入となります。品川営業所の場合は平均で客単価が1570円のため、売り上げは47900円となっています。

 

東京無線で効率よく稼げる

飛鳥交通グループは東京においては、東京最大規模の東京無線に加盟しています。東京無線は重要得意先と多数の契約をしているため配車回数が圧倒的です。平成25年の段階では、東京無線の月間の無線配車回数は約24万から25万回にものぼります。ちなみに飛鳥交通グループは東京無線に加入している中でも加盟台数が664台と東京で1位を誇っています。そのため配車による利用客の獲得が望めます。

 

飛鳥交通グループではタクシーの基本営業スタイルである流しはもちろん、無線営業や付け待ち営業、情報営業など様々なスタイルで利用客の獲得をサポートしています。また展開しているサービスとしても、ハイグレード車利用やクレジット利用、カーナビ、イベント情報、IDおサイフケータイなど様々なものがあります。こうしたサービスの多様性を通して顧客獲得を目指しています。

 

隔日勤務の場合の勤務スタイル

隔日勤務で仕事をする場合の大体の流れをご紹介します。基本の勤務は朝7時半から翌日の午前0時45分までとなっています。1時間の休憩を途中で3回取る形になります。例えば月曜日の朝7時半から火曜日の0時45分まで働き、その後帰宅して水曜日の7時半まではプライベートな時間となります。水曜日の7時半から木曜日の0時45分まで再び働き、家に帰ります。公休を挟みつつ月12回ほどの乗務となります。なお残業をする場合は午前2時45分まで残業することが可能です。月12回の隔日勤務はプライベートな時間を取りやすいため、趣味が多い方には便利です。

TOPページ